2017-04-28-20-30-49
マストドンと呼ばれる新しいSNSが話題になっています。
マストドンとは何か?というかたはこちらの記事を →Mastodon(マストドン)に乗り遅れた人のための解説と使い方
専用アプリもあるので、スマホからも参加しやすいです。


 電子版はすでに、書籍ではこれからでるこちらの本もおすすめ

このマストドンに関するイベント「マストドン会議」に行ってきました。本当、勢いで申し込みました。
 申し込んだ後に、知り合い居なかったら冷たい目で見られたらどうしよう(昔、友人とメイド喫茶入ったときの周りの冷たい視線を思い出す)技術の話ばかりでわけわからんかったらどうしよう。そういえば最近セミナーとか行って眠くなるじゃん、私。とすごい勢いで自分に突っ込み。そんなわけで、内心どきどきしながら参加しました。

 数分遅刻しながらも、案内された席は、はじの方といえども前から2番目。ラッキー。
壇上では、mstdn.jpサーバーの主、ぬるかるさんのmstdn.jpサーバー誕生物語が。まさに創世記という感じでとても面白かったです。
 4万人のデータリセットができたのはやっぱり企業ではなく個人が立ち上げていたことが大きいんじゃないかなと感じました。私がmstdn.jpサーバーに参加したのは、このデータリセットのあとです。

その後は、津田さんの話が終わった後、清水亮さんのお話。
清水さんのお話、バックのスライドの面白さで会場がどっかんどっかん大騒ぎ
2017-04-28-20-44-25
 現在のSNSのクソリプ問題がおかしく、懇親会でも、意識高い話などで盛り上がる(笑)
そういう意味ではマストドンは、今一番、脱力しながら書ける場所であります。

 そして、最後にドワンゴの江添亮さんのお話。技術の話が中心でしたが、印象的だったのが、江添さんが終始楽しそうで、いきいきしていて、仕事もそんな感じでされているようだということ。
「子どもたちもこんな感じで仕事する人になってほしい」そう思ったのでした。
 
 マストドン会議の壇上の詳細については、ネタフルさんの「マストドン会議」メモと写真 #マストドン会議 

 壇上以外のことを話すと、会議中客席は時折起きる笑い以外は割と静かで、#マストドン会議のタグとともに、mstdn.jpサーバーで実況や感想が書かれていく状態。

  そこに書かれていたのが、@moffyさんが自分の座っている席について。読んでみると、どうやら私の前の席っぽい。確かにモフモフしている!
 なので、思い切って声をかけるかレスするか迷い、マストドンでレスしてみることに。そして、@moffyさん、振り向く。驚かせてすみませんでした~。とても優しく対応してくださってありがたかったです。
 そして、懇親会でいろいろ話してくださった@pstyさん、女子とお話しできて楽しかった~☆なごみました。
 そんな感じで、知り合いがいなくてもいろいろな方と話せて、今後ますますマストドンが楽しくなっていったのでした。
 
 そうそう、マストドンの特徴、分散型を感じたことが1つ。
 このマストドン会議の間、mstdn.jpサーバーではマストドン会議に出ている人が多くて、ローカルタイムラインはその話題でいっぱいだったのですが、技術の話などのときにふと、別のインスタンス(サーバー)に行ってみました。そこでは、『夕飯作るのがめんどくさいときの定番メニューの話』で盛り上がっていて、マストドン会議の話などかけらも出てきません。まるで世界が違う。こういうのいいな~って感じたのでした。