働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

タグ:金谷

2016-10-02-13-44-28
日常に疲れると海を見たくなるんじゃー!
そんなとき金谷がオススメな3つの理由。

1.電車で行ける
2.東京近郊であれば日帰り可能
3.海がみれ、温泉入れる

子育ての日常に疲れた!しかし、子どもは置いていけないという人でも充分楽しめる感じであります。
何も考えず海を眺めているだけでだいぶ違うもの
image
そんなわけで、テツヲタ長男と2人、ノープランで金谷

海が観たい、それだけ!

最寄り駅から錦糸町に向かい、房総特急列車新宿さざなみに乗車。
ちなみに、えきねっとをうまく使うと安く行けるらしいので今度はこちらの方法もやってみたいなと→空飛ぶおばさん旅日記リンク

2016-10-08-16-47-59
前日に突然行くよーと言ったにもかかわらず、今回もカルロスさんにお世話になりました!

2016-10-02-10-33-30
長男の釣りにつきあいつつ、海を眺め
2016-10-08-16-48-38
隣駅の保田の漁協関連のお店で昼ご飯
2016-10-08-16-48-27
そして、今回何と言っても良かったのが、海を観ながらコーヒー飲める岬カフェ
2016-10-08-16-48-17
景色があまりにも贅沢なのです。

他にも、まるもかぢや旅館の日帰り温泉しへいどんと寄り、満喫させていただきました。

2016-08-20-10-28-09
今回、金谷で遊ぶにあたって、様々な人と出会えたコミュニティスペースまるもさん
開発合宿や経営合宿、イベント貸切、コワーキングなどができる場所です。

まずはまるもさんで開催中の田舎フリーランス養成講座を見学
20代の人が中心に学ばれていました。この講座がきっかけで金谷に移住する人も多いとか。
今回案内してくれたカルロスさんが、金谷を拠点にしたのもこの講座がきっかけだったようです。

そして、金谷2日目は締めくくりにジビエバーベキューに参加しました。
2016-08-21-12-47-03
イノシシ肉が、ぷりぷりで美味しかった!臭みがない肉なんですね。
2016-08-21-12-49-07
 ビールと共に、美味しくいただきました!
肉と野菜を食しながら、webデザイナーの方が最初にした仕事が床張りとか、 農業体験のこととか面白い金谷ライフについて色々教えてもらいました。

そして、こちらも見学させてもらった金谷のゲストハウス『しへいどん』さん
 image
築150年といわれる古民家を改装したゲストハウス。
浜金谷駅が近いせいか、入り口付近でナイスな鉄道写真が撮れそうなロケーションで、鉄分高めな長男興奮。
早速、学校が始まったら、鉄分高めな同級生に「高校生になったら行こうぜ!」と教えるよう。

また、「しへいどん」をやたら気に入った長男は、金谷に行きたいと言う友人に伝える伝える。(小学校の移動教室が鋸南だったせいか、場所を伝えやすいみたい)
高校生になったら、彼ら友達同士でつるんで金谷ツアーをやるかもしれないですね~。 

2016-08-22-16-01-53
この本、中1長男の愛読書。
小学校5年の時に学校図書館で見つけ、読み、この本は手元に欲しいとねだってくる。そして購入。
何度も読んで、読んだまま眠るを繰り返す。長男曰く「すごくわかりやすい!!」
長男の釣りスキルの半分以上はこの本で培われたのではないだろうか。






金谷でカルロス氏がいつもお客様を連れて行くと言っている西野邸
2016-08-20-12-57-38
こちら、西野さんが作られた家と手前に写るカルロス氏

その西野さんこそ、長男の愛読書の著者の西野弘章さん
長男、思いがけない形であこがれの人との対面。母親株勝手に上がる(笑) 

この展開に感じたことは、あこがれの人とはどこでどんな形で出会えるかわからないということ。
image
西野さんありがとうございました。

夏休みだ!家族レジャーだ!ということで、海に行きたかった。
そんなところに去年友達になった、ブロガーカルロス氏が千葉県の金谷を拠点にし始めたという
彼のブログの金谷記事、めっちゃ楽しそう。

フェイスブックの記事にレスしたら遊びに来ていいと言う。
これは家族で行くしかないね!! 

皆さんへお願い:私の場合、興味があればマジで行くので、社交辞令で「一度遊び来てください」は裏の意味読めないし、お互い嫌な思いするので、社交辞令ならば絶対言わないでね

カルロスさんの案内のおかげで2日間、海に山に楽しんだ充実の金谷ライフでした。本当にありがとう!!!
東京から2時間ぐらいで行けるし、家族レジャーにオススメ

案内してくれたカルロスさんが今回の家族プランについて書いてくださってます。素敵な記事と写真をありがとう!→家族旅行にオススメ!金谷(千葉県南房総)の最適観光プラン。

まず山!

鋸山(のこぎりやま)、足立区の小学生なら移動教室で5年生で行く。
ロープウェイで行けばすぐ山頂。
しかしそこから日本寺の大仏まで行くのが登ったり下ったりの階段で辛かった。
翌日もふくらはぎガクガクです!
ロープウェイの駅で飲み物買っておくのをくれぐれも忘れないように。(今回の教訓)
 image
大仏の前で舞う、カルロス氏とうちの次男。若者は元気だ。
 image
ロープウェイ→日本寺→ロープウェイに戻り、ヒットポイントが尽きている夫。50代には過酷な道のりであった。この後、海に行く予定が彼は力尽きて旅館で寝ることに。海には翌日行った。

 そして海!

 2016-08-21-22-04-38
金谷海浜公園、横にはプールもある素敵な海水浴場。
image
釣りは海水浴場の横の堤防で。
2016-08-21-10-18-13
鯖が釣れました。
長男「鮮度が落ちるから!」 とその場でさっさと処理。どこで身につけたそのスキル。


 これがあると便利だといっていました。子どもは知らない間に親を越えていく。

↑このページのトップヘ