働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

タグ:安寿ミラ

image
安寿ミラさん(ヤンさん)ダンスアクトFEMALE vol13
私が、ヤンさんヤンさん言うので、夫や息子が安寿ミラさんのプロフィールをそらで言えるようになってきたようです。
14358746_1209145875791673_4330179068985316350_n
いかりや圭子さんと一緒に鑑賞しました。

今回もヤンさんのダンスはキレキレでした~。

ゲストは、ミュージカル『グランドホテル』でガイゲルン男爵役を演じられた宮原 浩暢さん。甘い歌声のイケメンです!
宮原さんのゲストの回を観ようと思ったのは、グランドホテルで涙した、2人のデュエット『Love Can't Happen』を聴きたかったから。二幕で聴けたあと、やはり目がうるうるしてしまって。「これだけでチケット代の元を取った」と正直思いました。

宮原さんは、トークだと、ぽよぽよで天然炸裂だったのに、歌になると表情が変わりスイッチはいりました!という感じでした。ヤンさんが暴露する、グランドホテル稽古での宮原さんの天然エピソードやミュージカル初挑戦だった宮原さんの稽古中の台詞のまね、いやー、もう本当、面白すぎます。

安寿さんのショーのゲスト男性は戸井さんといい、宮原さんといい、どうしてこんなに可愛らしくなってしまうのでしょうか。

会場では、宮原さんが所属するLE VELVETSの新アルバムが売っていましたので購入。


これ、めちゃくちゃ良かった!!!何度も聴いてる!
紹介にあったように深い秋のような曲がたくさんで、甘く深いボーカル。夜にこれ聴きながら、ワイン飲んだら最高です。

当日購入特典で、宮原さんと握手できて、グランドホテルの感動を直で伝えることができて良かったです!

13529106_1096717847041441_582065569221451164_n
ヤンさんシャンソンショー!(これが言いたいだけ)

ゲストは戸井勝海さん
ミュージカル『グランドホテル』ではゲス社長こと、ヘルマン・プライジング。

一曲一曲が素敵でした。トークも曲もゆっくり楽しめました~。
ヤンさん、前半は黒いドレス姿が素敵で眼福
「洒落にしましょう」はCDにも収録されているけど、今のヤンさんが歌うほうが好き~。

トークでの天然さ、そしてゲストの戸井さんにはゲス社長呼び。
すっぴんマスクのヤンさんがかわいいという戸井さんの話に照れて「変態!」
ヤンさんになら、変態と言われたいファンは会場に何人居たでしょう。私もその一人だ。

会場からは近い方だったけど、子どもたちを夫に任せてるのでどうしようか考えたけど、
「ヤンさん出てくるの早いよー」と同じ安寿ミラさんファンのかたから教えてもらって
思い切って、20年ぶりのヤンさんの出待ち!!あのときの私は高校生
13336150_1084099451636614_2322330113309945208_n
ヤンさんはかわいいワンピースで自ら運転されて、帰っていかれました。
思い切って出待ちして良かったー良かったー。 

シミルボンという、 "いい本"を互いに教えあったり、好みの"読書人"に出合ったりすることのできる、プラットフォームサイトでコラムを書きました。
シミルボンでの馬場じむこの投稿一覧はこちらから

安寿ミラさんへの想いが出ているコラムが多いかもしれませんが、それは気のせいではありません。
ヤンさん最高~ヤンさん超かっこいい~

  site_logo
 

13043708_1055151664531393_7769291215329007294_n

安寿ミラさんがバレリーナのグルシンスカヤ役、ミュージカル「グランドホテル

DVD化、いや音源CD化でもいい、もっと言うなら緑チームのグルシンスカヤ(安寿さん)と男爵(宮原さん)が歌うLove Can't Happenだけでもいい。

いやいやいやいや、本当すばらしいミュージカルでした。
なんていうか、大げさなんだけど心で観たって感じ。

どの台詞がとか、具体的にわからないのだけど、なんだか知らないけど観ていくうちに涙がこぼれてしまうのです。この作品を観てから、Love Can't Happenを一部分でも聴くと、もう涙腺決壊。
それから、ラスト近くのオットーとフレムシェンのやり取りにも泣かされましたね。

安寿ミラさんのグルシンスカヤの哀しみ、そして男爵との恋からの「私踊りたいの!」すばらしかったです。そして、男爵がフレムシェンにのろけるところ、「なまりがひどくて~(以下略)」もう本当かわいい男爵なので、その後の悲劇がねえ。

これ観てから、夫にタキシードでバラいっぱい持ってただ立ってくれ!と無茶な注文をしました。(いつかやってくれないかなー)

新学期で、この4~5月本当いろいろ神経磨り減っているんですが、辛いときには、目を閉じればグランドホテルの舞台が浮かぶ、そんな日々。こういうとき演劇って、本当に力になってくれますね。

12241425_968790629834164_4079541180885279323_n

安寿ミラ(ヤンさん)さんの舞台(ショー・劇)にひたすら行った去年だったけど(そして今年も行く)、その中であえて順番をつけるのであれば、このシャンソンが一番ではなかろうかと思う。

安寿ミラさんといえば、キレのあるダンスなので、その安寿さんがシャンソンというと意外性の方が先に来ていたのですよ。

しかし、 ヤンさんのシャンソン、もうこれ最高。
声質やヤンさんが歩んできた人生の重みや大人の女性の余裕というものが歌に感じられて、終了後もしばらく「シャンソンいいわー」と家でうっとりして余韻に浸っていたのでした。
安寿ミラが歌うシャンソン集CD、出してくれませんかね・・・。

個人的には、『私は私よ』というような、飾らない強い女性の曲を歌っているヤンさん、サン トワ マミーで大人の女性全開のヤンさんが素敵でした。

今年も絶対聴きたい、ヤンさんのシャンソン!!そして全力でお勧めしたいです!
もう同じ会場でヤンさんのステキすぎる女性オーラを受けるだけで、何か自分が開いていく気がする。

そして、ヤンさんの歌うシャンソンを聴きたい方はこのCDをどうぞ。ヤンさんは「じらさないで」「洒落にしましょう」の2曲歌っています。
それから、「ラ・ヴィ・ダムール」でヤンさんが歌っていた「群衆」を大浦みずきさん(なつめさん)が歌っています。
最初になつめさんの群衆を聴いたとき、ぽろぽろと涙が止まらなかったのです。なつめさんの歌に最近弱いです。名ダンサーとして有名ななつめさんですが、なつめさんの歌、心を揺さぶられる何かがあるというか、沁みます。
そんなわけで、このCDは、もともとシャンソンが好きな人、「ラ・ヴィ・ダムール」でシャンソン熱高まった人に超お勧め!

越路吹雪トリビュート・アルバム
オムニバス
EMIミュージック・ジャパン
1999-09-08

↑このページのトップヘ