働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

タグ:夢咲ねね

今年必ず観たいミュージカルのうち、2本のうち1本がこれでした。(もう1本が11月のレディ・ベス)
2017-07-01-13-37-23

グレート・ギャツビー
私の中では、ギャツビーは杜けあきさんでヒロインのデイジーは鮎ゆうきさん。
デイジーは絶世の美女だけど、かわいいおばかさん。そして悲劇であるという。
これくらいの前情報しかいれず観てきました。

ひとことでいうと、デイジーはおばかさんというよりも、何ともいえないしたたかさ。
それでいて崇高すぎるという部分もあるというか、トム(夫)の下世話なところも好きになれたら、もっと夫婦仲良くいけたのだろうな~と感じる所存であります。

でもそんなしたたかな部分もずるい部分も夢咲ねねちゃんだから許せる。だってかわいいのだもの。
この作品は、デイジーが「まあ、これだけ綺麗だったらしょうがないよね」という説得力ある美女であって成立する作品です。次はもうすぐ宝塚を退団の伶美うららさんでやっていただきたい。

そして、ギャツビー。
デイジーを愛するあまり、結婚したデイジーの川挟んで向かい側に豪邸を建て(デイジーが北千住に住んでいたら荒川挟んで西新井に家建てるみたいな)後ろ暗い仕事にも手を染め財をなし、パーティー開いてデイジーとの再会を待つという。
これ、杜けあきさんや瀬奈じゅんさん、そして今回の井上芳雄さんというイケメンが演じているから、深い愛の話になっていますが、一歩間違えば猟奇的こだわり。井上さんのルックスといい声が美しい恋に昇華されてましたが。

こつこつやってきたギャツビーなので、デイジーのことをうまく「かつての恋」にできていたらそれなりに幸せになれたんだろうな(そうなると話自体成り立たなくなるけど)

デイジーの人間的弱さが鍵となる後半。お芝居では最後の場面がありましたが、原作だともっと「そんな殺生なデイジーさん」という感じだそうで。
ギャツビーよりも、デイジーの心をもっと知りたくて原作本も買ってしまいました。


グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
スコット フィッツジェラルド
中央公論新社
2006-11-01


2016-09-28-22-35-52
ねねちゃーん!かわいいかわいいかわいい。表紙の元星組娘役トップスター赤根那奈さん(夢咲ねねさん)のかわいさに表紙見るだけで顔がにやけてしまうこの素敵な本。
こういう本を待っていました。宝塚OGだからこそ語れる、美について!
化粧品、美容グッズの数々


真飛聖さんおすすめのこちらのスチーマーが欲しくなりました。

そして、宝塚の名作にちなんだヒロインメイクページは何度も見直したくなるほど。
image
るろ剣の神谷薫どのをイメージしたかっこいい系メイクで、ベージュの口紅がポイントなのですが







いきなりアマゾンぽちっと購入の前に、念のため、扱っているデパートで塗ってもらいました。すると、私の場合、ただの顔色悪い人に。そんなわけで、メイクページで使われていた品は、買う前に試すことを強くオススメします!

アイシャドーなどの茶は割といい感じになったので、茶系はシャドーとチークで満喫しようかと。

1日密着は元宙組トップスターの凰稀かなめさん。同じかなめである涼風真世さんと写真が似ていると思ったのは私だけでしょうか。凰稀かなめさんのジム通いの様子や着回しページ、華やかで見ていてとても楽しいです。

欲を言えば、というか、完全に己の趣味なのですが、この「OGstyle」もっと上の世代を見たいのであります。
ヤンさんとか、かなめさんとか(昔妖精の涼風さんのほう)ファッションページとかメイクページとか、1日密着とかあったら、幸せすぎる。娘役だと、みはるちゃんやあやかさま見たいです。表紙は星つながりであやかさまだなー。


 

↑このページのトップヘ