image
この本、帯の右下にあるプレゼント、著者の塾の講師の方が本に書いてある4つのタイプを写真から判定してくれるのがとても、とてもよかったです。
なんせ、こういうタイプわけって、下手すると自分の主観で違う方向に行きがちですから。
私の場合、自分の判断でも、きりっとした「凜」かなと思っていたら、講師の方の判断でもやっぱり「凜」でした。

メイクからファッションまで、タイプ別に具体的でわかりやすく書かれていて助かります。服や化粧品選ぶときに振り返られるよう、凜について書かれているページに付箋を貼りました。

凜の場合、
アイメイクの色味は、明るさよりも深みが出るように、入れたか、入れてないくらいがちょうどいい
アイシャドウを色々な色そろえる前に知りたかった(笑)
丸首より断然Vネックが映えます。Vは結構深めでもだらしなく見えないです。
そんなわけで、今年のニットはVネックのものでそろえます。