働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

タグ:ミュージカル

2016-10-25-18-06-32
去年初めて観た「ミス・サイゴン」
一番印象的なのは、一歩間違えばありがちな敵役になってしまいそうな登場人物「エレン」
このエレンがとても素敵で、結果的に登場人物の中で何もかも得る人物なのです。ある意味、何もかも失っていく主人公キムと対照的かも。

そんなエレンの魅力について、シミルボンのコラムで書きました。
ミス・サイゴン「エレン」を目指せば幸せになれる

2016-10-20-18-22-15
先日観にいった、スカーレットピンパーネル。この観劇からチケットの都合上、3週間毎週ミュージカルを観るというスケジュールでした。

「ミュージカル観るので忙しい」 
こんなことができるなんて、高校のときの自分が知っていたら目をまるくしていただろうなあ。

スカーレットピンパーネルは、宝塚で上演されて気になっていた作品。
1789に続いて、今年2回目のフランス革命もの。
この作品のロベスピエールは、悪いやつと前情報で聞いていたので、1789のさわやかロベスピエールがキャラ変わって残虐になっちゃってというのを想像していました。

違う。

このロベスピエールは、1789のロベスピエールのその後と言ってもおかしくない。2幕のソロの歌、聴いて感じました。
なんていうか、長年の苦しみ、フランス市民の怒りのこぶしを振り上げて、進みすぎて自分でもとまらないそんな苦悩。
憎しみは憎しみしか呼ばないというのを改めて感じる作品でした。

ショーヴランも、ロベスピエールも悪役なのに抱きしめたくなるような、苦しんできた小さい彼らがどこかで泣いているような、そんないとおしい悪役でした。

パーシーも、最初にあんなことがあったら、妻を疑ってしょうがないけど、まあ言いたいのは『友人じゃなくて最初に妻と腹割って話せよ』
まあ、これやったら物語成立しなくなるけど。

笑い多めの楽しいミュージカルでした。

まあ、なによりも一番印象に残っているのは、ヒロインの安蘭けいさん演じる、マルグリットが強すぎる。
マルグリットがばったばったと敵を剣でなぎ倒す。一番かっこいい。
いい立ち回りを見せていただきました。 

2016-11-05-13-01-33
今年のミュージカル鑑賞の締めくくりは「貴婦人の訪問
泣きました。今年、観たい作品すべて観るということで、数々のミュージカル観ましたが、一番泣きました。1幕のラスト近くから頭が痛くなるぐらい泣きました。

決して、後味がよい、スカッとする作品ではありません。アルフレッドは最後、ああなってもしょうがないよねーという思いはありますが。
涼風真世さん演じるクレアの過去の苦しみ、信じていた人に裏切られた思い、哀しみと憎しみ、そしてかつての愛、さまざまな感情が渦巻いてる歌と演技に、本当、涙が止まらなくなりましたよ、ええ。

今年観たミュージカルの締めくくりがこの作品でよかった!そしてCD化希望!

ちなみに、山口祐一郎さん演じるアルフレッド&その周りは想像以上のダメっぷりでした。それでもアルフレッドはクレアの今ある憎しみを受けて、それなりの覚悟を決めたと思いたいんですけどね。最後に妻のマチルデまで、ザックリ心を傷つけて本当にひどいわ。

私の中のミュージカルひどいオトコランキングで、ミス・サイゴンのクリスをおさえてぶっちぎりの1位かもしれない。 なのに、山口さんが演じると「うわー、こいつ憎い」とならないのは山口さんの魅力としかいいようがありません。

クレアはこの結末にすっきりと心は晴れないと思うけど、ひとつの区切りとなってこれから先、彼女なりの幸せでいっぱいになってほしい、そう感じるミュージカルでありました。

今回、今年初めてのシアター1010なのですが、この劇場、下は丸井で駅直結なので、食事もお茶も買い物も非常に便利なのです。 
来年は、この劇場で観たいミュージカル&安寿さんの公演を多くやってくれるといいなあ。
ラックに安寿さんのチラシもあったから期待できるかしらん。 

 2016-11-05-13-01-56



最近、安寿ミラさんの記事へのアクセス数が多いのはおそらくタイタニック効果。
世の中の人よ、ヤンさん(安寿さん)の素晴らしさを知れ―!!

観てきました、シアターコクーンでミュージカル『タイタニック

船沈みます、そんな話です(端折りすぎ)

タイタニックが氷山にぶつかってから、ヤンさん(安寿さん)のあるセリフから涙腺決壊。
様々な別れのシーンに涙が止まりませんでした。

それから、もう最初のシーンから、ヤンさんが登場するたびにその優雅さにうっとり。
あの存在感、美しさ、ステキすぎる・・・。
踊るときの優雅さとか、もう眼福ものでございました。生きる芸術品ですよ(ふがふが←鼻息)

そんなわけで観ていてとても感情が動くのを感じました。

一つ悔やまれるのがオペラグラス持っていけばよかった。
今年は舞台をたくさん観に行くつもりなので、今度は買います。




それから、劇場でもらったチラシ
次と次はこれを観に行きたいのであります。




 

↑このページのトップヘ