働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

タグ:フォレスト出版

image
この本、帯の右下にあるプレゼント、著者の塾の講師の方が本に書いてある4つのタイプを写真から判定してくれるのがとても、とてもよかったです。
なんせ、こういうタイプわけって、下手すると自分の主観で違う方向に行きがちですから。
私の場合、自分の判断でも、きりっとした「凜」かなと思っていたら、講師の方の判断でもやっぱり「凜」でした。

メイクからファッションまで、タイプ別に具体的でわかりやすく書かれていて助かります。服や化粧品選ぶときに振り返られるよう、凜について書かれているページに付箋を貼りました。

凜の場合、
アイメイクの色味は、明るさよりも深みが出るように、入れたか、入れてないくらいがちょうどいい
アイシャドウを色々な色そろえる前に知りたかった(笑)
丸首より断然Vネックが映えます。Vは結構深めでもだらしなく見えないです。
そんなわけで、今年のニットはVネックのものでそろえます。



12548976_1004283546284872_6471780506109341243_n
割と動く方なので、この本はもしかして必要ないのかもと思っていたのですが、苦手な人に対応する、自分が幸せでいるといった部分も含まれていて、勉強になりました。

自分に厳しい考えをしている人ほど、自分に甘い行動をとる

「自分に甘い考え」と「自分に甘い行動」は違います。

多くの人が勘違いしているのが、「自分に甘い考えを持ったら、自分に甘い行動をとりやすくなるのではないか」ということです。

何日か入院したことがある人だったらわかるでしょう。人は必要な休息をとったら、それ以上は退屈に感じて、早く活動がしたくなるものです。

人間の生活には、波があります。波は休息と活動を繰り返します。十分な休息が十分な活動につながり、十分な活動が十分な休息につながります。

この、休息と活動の波。本当に最近感じることが多いです。加齢か?
もうやらなくちゃいけないけど、PCに向かうとだらだらフェイスブック見てしまうという場合
本当に期日が迫っているものじゃない限り、さっさとあきらめて休息モードに入って、活動モードでいくつかのことを勢いよくやったほうがよっぽど効率がよいかと。
そして、自分自身に対して、大切な人のように接してください。
自分を大切がわからなくなったらまさにこれ。そして、これもピンと来なかったら、大切な人に会いに行くこと。 大切な人への感覚が研ぎ澄まされます。
私の場合、「安寿ミラさんだったらどうしてあげるか」と考えて行動です!


 

↑このページのトップヘ