働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

カテゴリ: 書評

13512235_1096715877041638_2326541365246631772_n

教来石さんは、愉快なリーダーです。決して強い意志を持って困難に立ち向かうとか、強いリーダーシップを発揮して引っ張るとかそんなのではない。団体行動は大の苦手とこの本には書いてあります。

決して順調とはいえない経験を持ち、周りのみんなから突っ込まれ、怒られもしつつ進んでいく。だけどこういう助けたくなるリーダーこそ、周りの力を発揮させていくのではないでしょうか。そんな気がしました。
そして教来石さんのメール。話が苦手でも、こんな誠実なメールもらったら動かされてしまうよという内容ばかり。人柄が出ています。

教来石さんの戸惑い、迷い、ネガティブさが笑いも交えて書かれているからこそ、読んでいて心が温まり、より教来石さんを応援したくなってきます。

この本で一番好きな箇所
エクセルにデータ入力をしながら、「夢のある人は自分のできることで具体的に応援していくとして、では夢のない人はどうしよう。そういう人には夢のきっかけを与えられるといいのかもしれない。たとえば途上国の子どもとか・・・・・・」と考えていたときに、ふっと降ってきたのが「カンボジアに映画館をつくりたい」でした。
この日常なにげなく過ごしていたときに降ってきた夢を大事にして、怖がりながらもちゃんと動いていくところが素敵です。

ゆめのはいたつにん
教来石 小織
センジュ出版
2016-03


12795466_1023569581022935_6971039079454214181_n

旅に出たい…。長男次男の新学期のばたばたでそう感じる今日。

家族でとなると旅行代は跳ね上がり、海外になるともっとなのですが、それでも、子どもと一緒に海外に出たことはただ楽しかった以上に、子どもにとって、色んなことを知る&興味を持つ経験になったと思います。
この本にある「旅育」ありですね!
むしろ中途半端に習い事するならこっちをやりたい、私は。

パスポートを使うこと、青い海、違う国の人とのやりとり。
そして長男曰く「カップラーメンは日本のが一番うまい」

今までの散財経験の中で、使ってよかったと思えるひとつです。
IMG_1873

お母さんは潜るか酒飲んでいるかと言われましたが。

しかし!子連れ海外旅行となると、例え行先が安全な国といえども不安も大きいです。ましてや、どんな環境の国まで可能なのか気になるところ。 
自身も子どもがいて、旅行会社を経営する木舟さんだからこそ説得力がある話です。


 
あー、またグアム行って潜りたい。 

1916994_992866210759939_4093904455695661066_n
スピリチュアルがどうのというより、イギリスの昔からの文化について興味深く書いてある本。
何故ハリーポッターが生まれたのか、気候と考え方、部屋のつくりかた、サンタクロース。
日本でいうと、 神社と着物と四季と暦について書いてある感じ。

正直、この本読むまで、イギリスと魔女や魔術のつながりがさっぱりわからず、私のイメージとしては、機関車トーマスと大英帝国とエリザベス女王の国だったのに、新たな興味深いイギリスを知った感じ。

この本でなるほどと思ったのが、日本にもある「身土不二」という考え方。その土地で取れたものを食べることで、その土地で暮らすに最適な体になるという。
なぜか体調が悪い、脱力感が続くという場合、地元のものをどれだけ食べているかを見直すことは、健康を維持する上で大切なことだ。
・・・つまり、足立区で生きるには、あだち菜を食すことが足立区で生きるための最強の体になるということではいだろうか。みんな食べようぜ!あだち菜。

12278820_972621999451027_7874307291658493280_n
かつてイベントで販売の手伝いをしたこともあるあだち菜

やー、あだち菜栽培キット買ってこようかな。


 

12548976_1004283546284872_6471780506109341243_n
割と動く方なので、この本はもしかして必要ないのかもと思っていたのですが、苦手な人に対応する、自分が幸せでいるといった部分も含まれていて、勉強になりました。

自分に厳しい考えをしている人ほど、自分に甘い行動をとる

「自分に甘い考え」と「自分に甘い行動」は違います。

多くの人が勘違いしているのが、「自分に甘い考えを持ったら、自分に甘い行動をとりやすくなるのではないか」ということです。

何日か入院したことがある人だったらわかるでしょう。人は必要な休息をとったら、それ以上は退屈に感じて、早く活動がしたくなるものです。

人間の生活には、波があります。波は休息と活動を繰り返します。十分な休息が十分な活動につながり、十分な活動が十分な休息につながります。

この、休息と活動の波。本当に最近感じることが多いです。加齢か?
もうやらなくちゃいけないけど、PCに向かうとだらだらフェイスブック見てしまうという場合
本当に期日が迫っているものじゃない限り、さっさとあきらめて休息モードに入って、活動モードでいくつかのことを勢いよくやったほうがよっぽど効率がよいかと。
そして、自分自身に対して、大切な人のように接してください。
自分を大切がわからなくなったらまさにこれ。そして、これもピンと来なかったら、大切な人に会いに行くこと。 大切な人への感覚が研ぎ澄まされます。
私の場合、「安寿ミラさんだったらどうしてあげるか」と考えて行動です!


 

12573778_1004283646284862_5834945003666652962_n
引き寄せ本、願望成就本のイメージング法に何とも言えない違和感を感じていた人は多いのではないでしょうか。現状は散々なのに無理やり思考をねじ伏せてもっていこうとする。
そんな人は、この本にあるように
引き寄せたい物・人・現実ではなく、まずはなりたい、引き寄せたい3日後の思考状態を書き出してみます。

これやってみましょう。
3日後、仕事も恋愛も状況は変わってないかもしれない、同じような1日かもしれない。 だけど、同じ状況でもそれに対する思考が違っていたらその1日はとても幸せで平和な1日。

願望成就について頭が凝り固まっていると、どうしても起こってほしい出来事ばかりに目が行ってしまいます。
でも自分が味わいたいのは、その出来事の後ろにある思考だったりする。ホッとしたかったり、のんびりしたかったり、心躍りたかったり。

そうやってまず思考について考え出すと、現実を無理にイメージしなくても、どんどん変わってくる、そんな気がします。


 

↑このページのトップヘ