働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

カテゴリ: じむこの日常

先日、リニュアール後初めて目黒の東京都庭園美術館に行ってきました。

庭園美術館は、旧朝香宮邸。アールデコの素敵な邸宅で、展示よりもこの建物目当てで見学です。

写真撮影OKの部屋も多いのです。
12193471_962444213802139_1759151675855523230_n
いいですよね、この雰囲気。

そして、注目すべきはこの部屋!
12074550_954626287917265_5930442613101216623_n

子どもが楽しめる部屋があるのです。家族で来たら、交代で子どもをここで遊ばせればゆっくり親が美術館を楽しめるステキ部屋。
しかもこの部屋にあるのは塗り絵だけでなく、美術館の説明など、美術に興味をもつきっかけになるものも。

前から庭園美術館は雰囲気が好きでしたが、こういった部屋の充実にますます好きになってしまいました。この部屋もお屋敷の一部屋なので子どもも自然に趣のある部屋を味わえるっていいですね。

子ども連れにおススメです! 

今をときめく人気ブロガー『Life is Beautiful』のカルロスさん(小林勝宗さん)と会うことができました。

NEF_-1024x679
カルロスさん、インド映画で激しく踊っていても違和感ない感じ。
ムトゥ 踊るマハラジャ[DVD]
ラジニカーント
マクザム
2013-10-25


カルロスさんの人気記事トップ3
1位「夢をかなえるゾウ」水野敬也と合コンしたけど、衝撃だった。」諸事情につき削除済ですが後日談などが。
2位「野村證券の辞め方。新卒入社、在籍1年半、僕は給料泥棒でしかなかった。
3位「【インド派遣辞退】青年海外協力隊は素晴らしい!」 

色んな体験を持っている引き出し多い人でとってもお話が楽しかったです。実体験談に勝るものなしですね。それでいて、生きる強さが感じられたのですが、生きる強さの理由はカルロスさんの旧ブログのこの記事にある気がします。

 【原点回帰】僕が積極的に行動できるのは「佐渡ヶ島」を経験したから。 : もっと楽しく!

今、いわゆる普通が生きづらい人。学校に行き、卒業し、就職して仕事をする。これが辛い人、できない人、しかし起業はなんか違う気がするという人には、こういう生き方があるということを知ってほしいと感じました。
そして、私も生きることの多様化や可能性について考えているのですが、カルロスさんとお話しして自分がまだ凝り固まっているなという部分を実感し、大変勉強になりました。

今年、カルロスさんの活躍がとっても楽しみです!

去年から日曜日の参加できそうなときに、次男とtanQfamilyLaboに行っています。

我が家の習い事ルールとしてはこんな感じです
・長男と次男の一緒の習い事はしない(それぞれ性格が違いすぎるのと、それぞれの楽しんでいる世界に兄弟が来るとお互い楽しめなくなってしまうタイプ)
・誰かに言われて盲目的に、子どもの適性や相性をみずに習い事をさせない
・どんなに先生がスキルが高くても人間的に親が信頼できない人からは習わせない
・親に過度に負担がかかって、子どもの上達や努力に目くじら立てそうになるなら習わせない

長男も年齢が上がるにつれ習い事が増えてきたので、そっちの方にかかりきりですが、次男の方も…と考えていた時に、このtanQfamilyLaboの日程があうようになってきました。
tanQfamilyLaboは、ユーモアありで大人も勉強になる深い授業のため、子どもの付き添いというより、一緒に学んでいる感が強いです。

去年次男と行ったテーマは
「犬と猫ってどう違う?どんな動物がいるか探してみよう!」
「カンガルーの袋は何のため?僕らと似てるけど違う動物の謎」
12301584_975437415836152_3505222956234563233_n

次男はtanQfamilyLaboのサービス開始時のプレ授業のとき、人見知りが発動して発言もせず私に顔をくっつけて終わりました。でも、家で授業のことを話したりしていたので、まあ、発言とかは今後できなくてもなにかしら興味をもってくれたらいいかと思っていたのですが。

が。

なんと次の授業からは積極的に手を挙げる。間違っても発言する、間違ってもひるまずに次も手を挙げる。

次男☆覚醒

もう知識が、勉強がどうというより、その次男の行動に嬉しくなったのですよ。

1884_985030351543525_3483499605051443746_n

ちなみに、授業で学んだことが次男の頭に残っているようで、後日次男の書いたメモに『有袋類』の文字が。何かこの「ゆうたいるい」の文字かわいくない?⇒親ばか

10回参加チケットも買ったことですし、今年も次男と参加したいと考えています。

探究学舎主宰の宝槻先生の本を引用して、夫婦向けコラムサイト『パピマミ』にて、コラム『電車好きが優秀に!? 子どもの趣味を“勉強への関心”につなげるヒント』も書かせていただきました。



あけましておめでとうございます
535198_991579374221956_8817411796564768049_n
大晦日から、執筆の神様が降りてきたのか、原稿やらブログやら、ひたすら書く作業を続いていました。馬場じむこ業、年を越えて働きました。
原稿や取材関係のメールを送った今、飲む日本酒はなんと美味しい事でしょう。
そろそろ執筆の神様もお帰りのようです。

次は確定申告の神様が降りてくることを心から待っています。2月頭ぐらいにね!

すでに1月楽しい予定がたくさん入っています。
1月お会いするみなさん、よろしくお願いします。

すっかり年末です。
ブログを書いてない間に、フォトコンテストで表彰されたり、連載コラムがアップ&掲載されたり、面白い人と会ったり、楽しい出来事もたくさんあったのですが、のちほど1つ1つのこと今年を振り返る意味も込めて記事にしていきたいと思います。

アップされるのは来年だけど!

年始締め切りの原稿がまだ1つ!紅白見ながら書く予定です。

1506420_990160891030471_8238519707187839872_n

夫とともに大掃除も終わりました。

今年は、一言でいうと『水面下』って感じです。表には出ていない何かが動いているような、壮大なネタ仕込みと思う出来事があったり。

相変わらずというか、さらに、足立区周辺で活動しています。
朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で、ヒロインの親友ユイちゃんが「よし、決めた!私こうなったらここから一歩も出ない。東京なんか行かない。私に会いたければ、みんな北三陸に来ればいいんだもん。ね!」と言っていましたが、これに近い心境でもあります。

みんな足立区に来ればいいんだもん。ね!
安寿さんには都内どこの劇場でも会いに行くけど。 

↑このページのトップヘ