働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

カテゴリ: パピマミ

パパ&ママのお悩みを、コラムで解決するQ&Aサイト『パピマミ』で、様々な専門家のかたにご登場いただいています。
先日は、兵庫県の武庫之荘で放課後等デイサービス みらい教室を運営されている平林景さんにお話を伺いました。
校長先生に直接相談!? 発達障害のわが子の学校生活をサポートする方法
 PP_gekoucyuunojc_TP_V

様々なファッション本がありますが、今私がイチオシなのは、こちらの本。
おしゃれな人ほど、少ない服で生きてますって、奥様!

服を捨てるポイントについては、パピマミコラムにて紹介させていただきました。
実はもう着てない!? クローゼットの「捨てるべき服」を判断する基準3つ
1474551_991471430899417_470441502165061839_n

パンツが得意なら、ずっとパンツでOK。
Vネックが得意なら、引き出しの中が全部VネックになってもOK。
それがあなたのスタイルです。
流行のすべてをいちいち追わずに、そのなかから「これならいける!」という、自分に合うものだけを選んで取りいればOK。似合わないと思うものには、無理に手を出さず、どんどんスルーしてください。
ファッションの引き算を指南するこの記述。ファッション情報や持ち服が多すぎて混乱している方は、まずは減らすから始めてみてはいかがでしょうか。

服を買うなら、捨てなさい
地曳 いく子
宝島社
2015-02-23


 

パピマミインタビュー、今回は女性ファッション誌でヘアメイクも担当されていた、HANAおもしろ美容師渡辺さんにお話を伺いました。
高い技術力だけでなく、ユーモアあふれる人間力、渡辺さん素敵過ぎます。
違いはどこに? 「ヘアサロン専用」と「家庭用」のシャンプー比較
image-1ba82
確かにヘアサロンシャンプー、家庭用シャンプーより高いです。美容院で買うと特に。
でも、渡辺さんのお話を聞くと美容院でヘアサロンシャンプーを買うことの重要さが納得できますね。

ちなみに記事内にある、ヘアケアもできる高機能ドライヤーについた書かれた、渡辺さんのブログはこちら
奇跡の風を作り出すドライヤー「ヘアビューザー」



また、渡辺さんのブログの髪のお手入れの記事、わかりやすく興味深くおもしろいです。
シリコンシャンプーはダメだ説を検証

パパ&ママのお悩みを、コラムで解決するQ&Aサイト『パピマミ』では、様々な専門家のかたにご登場いただいています。

先日はみまもるーむの代表、渡辺よしゆきさんにお話を伺いました。
相続した実家どうする? 初めて賃貸に出す“不動産会社”を選ぶポイント

20100129_hongkong_3223_w800
渡辺よしゆきさんは、現役大家さんであり不動産会社の代表。不動産の貸す、借りる、売る、買うのプロです。そして、著者でもあり、渡辺さんの書かれる文章にはハートがあり、渡辺さんのコラムで何度勇気づけられ、感動したことか。

渡辺さんのコラム『気づけば7棟43室。不動産投資が僕に与えてくれたもの。
渡辺さんのご実家の方には、2,3度長男の時計の電池交換に伺いました。渡辺さんのお兄さんが電池交換してくださって、1つの時計はもともとの電池の大きさが違っていたということも教えてくださって、ちゃんと動くようになったのでした。

去年の引っ越しに伴って、不動産の売買を夫の横で見ていた私ですが、不動産売買&賃貸の知識はほとんどなくわけのわからない世界でした。今回、渡辺さんにポイントポイントを丁寧に教えていただき、将来、不動産の賃貸などに関わるようになっても安心と感じました。うん、何かあれば渡辺さんに連絡すればいい(笑)
渡辺さんが開催される不動産関係のセミナーも注目大です。


 

パパ&ママのお悩みを、コラムで解決するQ&Aサイト『パピマミ』では、様々な専門家のかたにご登場いただいています。

先日は、東京未来大学みらいフリースクール副スクール長の平林景さんにお話を伺ってきました。
法改正するカモ? 不登校児向けの学校「フリースクール」の現状

 20150517_pencil_1269_w800

東京未来大学みらいフリースクールに何度が伺いましたが、設立1年目の新校舎ということで、きれいな明るい校舎で、先生も通う生徒もイキイキ面白いことに取り組んで楽しんでいる印象でした。場の力を感じられます。

平林副スクール長の「フリースクールは自分に誇りをもって社会に出ていくためのお手伝いをする場」という言葉が印象的でした。

フリースクールの様子、先生と生徒のやり取りは、この有名な本のトモエ学園の描写に似てるな~と個人的には感じました。

↑このページのトップヘ