働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2017年08月

このタイトルから、愛憎めぐる家の中でのバトルを想像してしまいましたが、違ってました。
幕末から始まる3人の女性の物語、オムニバス。
家で決められた結婚であったけど、旦那様は優しく、お互い相思相愛の愛あるラブストーリーだったり。

中でもお気に入りは2話目の「プリンセス・クタニ」
自分らしく過ごしていたアメリカの博覧会での日々を思い出にしながら、決められた名家のフィアンセ(とってもいい人)と結婚するのかと思いきや、いろいろな出来事から、そう来るかという展開に。ラスト近くはきゅんきゅんしますよ。これ。

最近夢中になって見ている連続ドラマ小説の「ひよっこ」もそうなのですが、
一昔前にあった、底意地悪い人、陥れる人が出てこないで、出てくる人みんないい人でホッコリしながらも思いもよらない出来事で展開していく。こういう物語が読みたかった!そんな感じです。

川原泉さんのマンガが好きな人にもお勧めかも。



政略結婚
高殿 円
KADOKAWA
2017-06-24



お盆休み中は那須で過ごしました。

那須どうぶつ王国で動物にふれあって
2017-08-12-13-07-34
けものフレンズのコラボを愛でて
2017-08-13-12-14-40
宿題の日記をこなす

今回は天候にあまり恵まれず、毎日必ず雨が降る感じでした。
とはいえ、川を見ながら、宿題や原稿チェック、読書とゆったりとした時間を過ごせました。

2017-08-06-11-44-00
ダイエット本、その次はこちら。
糖質は割と減らしているのですが、運動も組み合わせるときに参考になったのがこれ。

今回のダイエット、自分の癖や環境を考えながらということで進めているのですが

・複雑な動きはおぼえられない
・ちょこちょこやる運動でも毎日は無理
・運動は10回越えると回数忘れる
・家から外に出て運動はやりたくない(ランニングやジム通い)
・食事の調整は昼が一番やりやすい

この本は上2つを解決してくれました。
(3番目は長男に借りた道具で、最後の2つは別の本で)

効くスクワットの正しいやり方についての図解がわかりやすい。本当単純な動きです。
そして「筋トレは週2でOK」という言葉で、続けられています。

週2回負荷を感じるくらいか(といっても30分ぐらい)、毎日ちょこちょこを続けるのかは、自分が続けられるほうを選んでいけたらいいですね。

ちなみに、3番目の10以上越えると回数忘れるは、長男から借りたこちらを10回ごとにボタン押すことで解決できました。100円均一で売ってます~
image



2017-08-03-18-54-40
先日、香川の書評ブロガー一龍さんが上京されたときに集まった、日本酒Bar酒母
池袋(サンシャイン60から徒歩30秒)の3000円で日本酒飲み放題のお店です(1杯ずつ会計の「角うち」というコースもあります)

一龍さんによる酒母のレポート→日本酒BAR酒母【旅グルメ】池袋の日本酒BARですっかり日本酒好きになってしまったの巻
22741038-s
日本酒のあまりのおいしさに、みんなの写真を撮るのをすっかり忘れて、この写真は一龍さんからお借りしました。

私の場合、一番好きな酒は日本酒というぐらい日本酒党なのですが・・・。
そのきっかけは、大阪に住んでいた頃、住んでいた家から徒歩2分かからないところに酒蔵があって、その酒蔵の正月の振る舞い酒を飲んだときに「日本酒ってこんなにおいしいのか!」
まさに電気がはしったような衝撃でした。

その後、地酒を買ったり、もらったりともっぱら日本酒については「いい酒飲んできた」と胸を張って言えることもあり、
やっぱり、お酒も本でも舞台でも出会いって大切!と思うのであります。

さて、そんな日本酒Loverとしては魅力的なお店「酒母」
自分が好きな銘柄のお酒を飲むのも良いけど、断然おすすめは自分の好みを言って店員さんに選んでもらう飲み方。

私の場合「辛口、さっぱり」
最初のお酒は秋田のお酒。東北だと濃厚なお酒なイメージだったので秋田のお酒でさっぱりしているのが以外でした。
そして、次は「西のお酒も飲んでみたい」ということで選んでいただいたのがこちら
2017-08-03-19-44-17
広島の相原酒造 雨後の月
初めて飲むお酒でしたが、本当さっぱり辛口でおいしい。

そして、次から次に飲んだのですが、
どの日本酒もおいしくて写真撮るのも忘れて飲みました。
次回はちゃんとほかの銘柄もちゃんと写しておこうと思います。

酒母でのどの日本酒もおいしくて飲み放題という話をすると、周りの日本酒愛好家から「今度一緒に行こう!」「店詳しく教えて」という声が続々。
再度行くのも近いかもしれません

2017-07-01-13-39-09
忘れもしない今年の5月末。次男の運動会後に体重を計った私は、自己最高の体重の数値にクラクラして、本気のダイエットをはじめました。

なんせ、その当時の食生活では、三食気にせず食べ、ほぼ毎日夫と飲酒(しかも缶チューハイ)、仕事から帰って来たらパンなどを食べ、イライラしていたらスタバのフラペチーノかクレミアソフト、職場にはチョコレートをはじめとしたフリーお菓子(食べるの自由なお菓子)がある。

今、書いてみると、これで太らないはずがない。

最近パジャマがきついとか思いながら見た体重計に驚愕の数値
2017-07-01-13-38-53
そんなわけで、数々のダイエット本に手を出したのです。
その中で何度も読み返して使っているのがこちら2冊。
思いもよらないものが糖質多かったりで驚愕。

体力増進じゃなく減量を第一に置くなら、運動より食事を工夫するということがわかりました。
最初の3週間はお菓子禁断症状でとにかくきつかったけど、それを越えたら食べなくて平気な人に。

8kg減りました。(8月現在。でも自分的には元に戻った感覚。ここからが勝負だ)
毎日体重計小まめ乗りも、毎日の運動やジム通いも必要なかった。
むしろ、自分の運動や食事に関しての不得意と環境を見つめることで、今までで一番楽に痩せたことに。
次回は、他の参考にしたダイエット本も紹介したいと思います~





↑このページのトップヘ