働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2016年09月

2016-08-20-10-28-09
今回、金谷で遊ぶにあたって、様々な人と出会えたコミュニティスペースまるもさん
開発合宿や経営合宿、イベント貸切、コワーキングなどができる場所です。

まずはまるもさんで開催中の田舎フリーランス養成講座を見学
20代の人が中心に学ばれていました。この講座がきっかけで金谷に移住する人も多いとか。
今回案内してくれたカルロスさんが、金谷を拠点にしたのもこの講座がきっかけだったようです。

そして、金谷2日目は締めくくりにジビエバーベキューに参加しました。
2016-08-21-12-47-03
イノシシ肉が、ぷりぷりで美味しかった!臭みがない肉なんですね。
2016-08-21-12-49-07
 ビールと共に、美味しくいただきました!
肉と野菜を食しながら、webデザイナーの方が最初にした仕事が床張りとか、 農業体験のこととか面白い金谷ライフについて色々教えてもらいました。

そして、こちらも見学させてもらった金谷のゲストハウス『しへいどん』さん
 image
築150年といわれる古民家を改装したゲストハウス。
浜金谷駅が近いせいか、入り口付近でナイスな鉄道写真が撮れそうなロケーションで、鉄分高めな長男興奮。
早速、学校が始まったら、鉄分高めな同級生に「高校生になったら行こうぜ!」と教えるよう。

また、「しへいどん」をやたら気に入った長男は、金谷に行きたいと言う友人に伝える伝える。(小学校の移動教室が鋸南だったせいか、場所を伝えやすいみたい)
高校生になったら、彼ら友達同士でつるんで金谷ツアーをやるかもしれないですね~。 

2016-09-18-19-23-12
近代セールス誌連載コラム『働くママの日々是笑顔』
今回のテーマは、宿題について

小学生は1年から6年まで宿題の丸付け&子どもまで直させるが親の役目で
(長男の時、よくわからず、しばらくほおっていたら先生から指導が入った) 
中学生は本人任せだけど、面談の時に「ぐぬぬ」と言いたくなるような未提出の嵐。

もー、宿題なんて無くなったらいいのに(笑) 
「大人は宿題ないよーうらやましいだろう」と長男に言ってうらやましがらせています。


 

2016-09-20-08-12-14
近くの東急ハンズなどでも手帳大コーナーが作られる手帳の季節がやってきました!

今回のレポは陰山手帳。

両方とも、マンスリーだけでなく、バーチカル、一行日記もある充実さ。
一番右はライト版ですが、小さめのカバンで常に持つのとマンスリーを主に使う人はライトの方が使い勝手がいいかな。

マンスリーはマスの大きさが違います。
image

陰山手帳の方は、別冊の目標管理表が充実しており、取引先の人などとにかく人の記録が命!の人には便利なページですね。
image
キーパーソン記録表って初めて見た

両方とも、家族持ちに嬉しいのが、国立公園地図が載っていること。
image
「ここ行った!」とチェックつけられるのが嬉しい。
解説にあるように『大きな感動をもって、社会や理科の学習ができるからだ』に、同意。
家族旅行先を決めるのにお勧めですね。

ビジネスと生活をともに楽しむ、家族も自分も幸せになるという、陰山手帳のキャッチフレーズがとっても好きです。





2016-09-11-20-36-55
先日、銀座に行ったときに観に行った、松屋銀座のグレイス・ケリー展

婦人画報 2016年 10月号
ハースト婦人画報社
2016-09-01

通院している病院で読んでいた婦人画報にあって、気になっていた!
ちょうど銀座に行く用事があったのでその帰りに寄ってみた。
2016-09-10-17-01-46
展内は撮影禁止なので入り口で
展内について少し知りたい人は展覧会の公式サイトをどうぞ

観た後は同じく松屋銀座の1階のディオールに行って「試着させてください」と言いたくなるような、ディオールの服がたくさん。

この展示会観て感じたのは、どんな服も、装飾品も、グレース妃の美しさにはかなわず、ただただ、グレース妃のクールビューティの魅力にうっとり。

こんな美しい女性でも、女優時代その当時に主流じゃない感じだったので、オーディション合格に難航したというのに驚いた。
冷たい感じと何度も悪評が立ったことも。今からすれば「その凜とした感じがいいのに!」

ああいう女性に少しでも近づけたらと思います。

ちなみに、私がこの展示会を見ていた頃、長男は千葉一周大回りのたびにでておりました。
2016-09-10-18-46-20
 浜金谷駅からの車窓、以前見学させていただいたしへいどんさん近く

2016-08-22-16-01-53
この本、中1長男の愛読書。
小学校5年の時に学校図書館で見つけ、読み、この本は手元に欲しいとねだってくる。そして購入。
何度も読んで、読んだまま眠るを繰り返す。長男曰く「すごくわかりやすい!!」
長男の釣りスキルの半分以上はこの本で培われたのではないだろうか。






金谷でカルロス氏がいつもお客様を連れて行くと言っている西野邸
2016-08-20-12-57-38
こちら、西野さんが作られた家と手前に写るカルロス氏

その西野さんこそ、長男の愛読書の著者の西野弘章さん
長男、思いがけない形であこがれの人との対面。母親株勝手に上がる(笑) 

この展開に感じたことは、あこがれの人とはどこでどんな形で出会えるかわからないということ。
image
西野さんありがとうございました。

↑このページのトップヘ