働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2015年10月

10月3日に足立区役所1階アトリウムにて開催された『ゆる育児フューチャーセッション』でゲストスピーカーとしてお話しさせていただきました。
主催のA-step 篠塚さんと対談です。

12109087_935619009809871_8965736168001941888_n

お話しさせていただいたのは、育児期の情報過多とその対策。
子どもが小さくて外出できないと、どうしてもインプット過多になります。

そして今は働き方も育児も人によって様々な配分があって、時には「この道が正しい、こうするべきだ」と声高に叫んでいる情報もあります。
実際、自分に満足している人って割と静かで自分は自分、人は人だったりする。

11013037_960306847349209_8410463974490361460_n
結論 足立区民には荒川がある!情報に翻弄されて悩んだら荒川土手でぼーっとしよう

また、本を読んだりしていない、勉強もしていない、ブログなどアウトプットもしていない。家事して、育児してダラダラとテレビ見て、生産的じゃないなという日を送ったとしても、それが続いたとしても、そんな自分を責めないということもお話しさせていただきました。

一日宝塚スカイステージの無料放送をぼーっとみながら終わった日もあります、最近(笑)

11944392_921406794564426_1763186628_n
 

12006108_946002152113012_5954254007601904724_n

先日、こちらのショーに行ってきました。3番目に歌うのが安寿さん

 

安寿ミラさん(ヤンさん)が出演の『Super Gift!
今回とっても楽しみだったのは、歌よし、ダンスよしの相手役の森奈みはるさんも共演。
ヤンみは万歳~~。
そして、安寿さんがクールであれば、 陽の魅力である剣幸さんも出ていること。

私の人生初宝塚は、剣幸さん、こだま愛さんのサヨナラ公演でした。
今思えば、ル・ポアゾン~愛の媚薬~という、ある意味伝説のショーを生で観れたなんてなんて贅沢。

歌ありダンスありのショー『Super Gift!』、一番印象に残ったのは、安寿さん森奈さん彩乃さんの歌う『哀しみのコルドバ』よりエル・アモール

ものすっっっごく個人的な思い出なのですが、この『哀しみのコルドバ』、安寿さんの退団公演で当時大阪で高校生だった私は、学校サボって梅田で並んでチケット取りました。当時、チケット取りにかけた情熱凄いわ。

しかし、観劇日前に起きたのが阪神大震災。公演は中止。チケット払い戻しでした。
その後、余震などでばたばたした日常で、劇場飛天(当時)のチケットを取りなおすこともできませんでした。

あの甚大な震災の被害に遭った方々を思うと、そして何よりもサヨナラ公演の安寿さん・森奈さんが一番悲しかったのではないかと思うと、今も何と言っていいかわからないのですが、今回安寿さん森奈さんのエル・アモールを生で聴いたことで、あの頃ぷつっと途中で切れた何かが繋がって、ちゃんと着地できた感じがして、すごく安堵した気持ちと同時に泣いてました。

こういった形で自分でも普段気にしていなかった、けれども奥底にあった何かが終わるって、高校生の当時の自分に再び会えたような不思議な気分です。本当、今回観ることができて良かったです。

何度も観たいから、DVD出ないかなー。 



近代セールス2005年11月1日号、連載コラム『働くママの日々是笑顔』

今回は、子どもが小さくて人に会うこともできず、まわりから取り残され感があっても焦らないということを書いています。実際、次男が小さいころは本当に友人となかなか会えない日が続いて、しかも友人たちが出版、雑誌掲載などとどんどん活躍していったのですが、焦る必要は全然なかったと今振り返って感じます。

よく「子どもがいることを動かない言い訳にしてはいけない」とセミナー主宰者の方が言っているのを耳にしたりもするんですが、不安感煽っているな~と感じることも。

最近読んだこちらの本でも『「不安情報社会」の闇』ということが書かれていて何度もうなづきながら読みました。
超一流の二流をめざせ!
長倉 顕太
サンマーク出版
2015-10-09







 

この本を読むと猛烈に片付けがしたくなる。久々にやってきた片付けの嵐!!
改めて、服や小物を処分しました。
12072595_951343828245511_5200581582722023158_n

女らしさは隠すこと。バッグの口は閉めて中身は見せない
通勤かばんが、ちょうどちゃんと口が閉まるタイプになりました。前のカバンより少し小さめになったこともお気に入り。

12088239_951343804912180_433175971735488925_n

ペンケースも最初は小さくすることにすごく抵抗があったのですが、今では何故大きかったのかわからないぐらい(笑)。どのカバンに入れても場所取らなくていいです。
12108878_951343791578848_784689711161356483_n






 

11951319_937974602915767_5237800872280659740_n
次男来年1年生。新しいランドセルの用意ができました。
購入は、足立区梅島のナース鞄工さんにて。ショールームで選びました。 
落ち着いた雰囲気で選べ、対応も丁寧なのでお勧めの場所です。
ランドセルが大きく感じる・・・。

11150576_937974646249096_795710992021413428_n
左、6年生の長男ランドセル、右来年から使用開始の次男ランドセル。
次男の方がでかくなってますな。

6年間の傷は入っているとはいえ、まだまだ使える長男ランドセル。
来年になったら、ジョイセフのアフガニスタンのランドセル寄贈活動に寄付しようと考えています。

長男とともに歩んだランドセルが海を渡って誰かの役に立つって嬉しいじゃないですか。
2015schoolbag_to_afghan-1

↑このページのトップヘ