働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2015年06月

a1180_015079

大河ドラマでは、あまり視聴率はふるわなかった「平清盛」ですが、私はとっても好きでした。
その登場人物で一番好きだったのは、檀れいさん演じる、藤原璋子様

ある場面見て最強だわと感じました。

それは、ライバル視してくる同じお妃である藤原得子が妊娠したときに、優位に立ったという感じで子どもができたことを璋子様に話すのですが

璋子様「さようにござりますか。 お勤め、ご苦労様にござります」とお辞儀

得子無言

もうね、悔しがるとか自分を責めるとかそういう次元を超えて、別世界にいる。
キングオブ相手にしていないじゃないですか。

何事もこの心境になれたらいいよな~と日々思うのであります。

現在、近代セールスで連載中のコラム「仕事も育児も上手に両立!働くママの日々是笑顔」

7/1号では、園や学校は違うけど区や市内といった近距離の友達を作ろう!という話を書きました。
もちろん、忙しい働くママが近所友達をどこで見つけるかも書いています。

1424480_901154359931125_4324928279675406165_n

最近でも、保育園で「調理実習のため子ども用のエプロンを用意してください」と言われたとき、職場近くの店が全滅。途方にくれていたら、近所友達が近所の○○ショッピングセンターで売ってるよ!と教えてくれて、大変助かりました。

視覚優位、聴覚優位そんな話を聞いたことありますか?
簡単にいうと、見る・読むほうが得意と、聞く方が得意ってやつです。

私の場合はどちらかというと視覚優位で、聴覚弱いです。
言葉が聞こえないというより、言葉と脳みその動きの連結が苦手な感じ。

聞くだけだと、重要なこととどうでもいいことの区別がつきにくい
電話で名前など何度も聞き返す
聞いている話がうまく脳内で処理できなくてときどき凍る
何かを聞いて「わかったー」と自動的に返事していても実はちゃんと把握していない

長男もどうやらそんな感じなので、先日何度もしつこく「○○買ってくれ!」というのに閉口して、こんな気分ということをノートに書いて伝えてみました。

11053544_901079703271924_931249053211411341_n

欲しいものを10回連呼されるのと、お母さんが「宿題やれ」と10回連呼されるのは同じ気持ちだと思うよ。
こないだ欲しいもの買ったのいつだったっけ?と改めて振り返ってみる。

ただ「うるさい!」というより効果的のようです。 

20070729DSC_0136 (1)

仕事、育児いろいろあるから限られた時間は大事。なのにそんな絶好の時に限って何もやる気が起きないことがあります。

私の場合、コラム執筆では月末近くに締切があるものがいくつかあるので、もちろんそれが最優先。
それらが終わって、月末までが少し余裕が出ます。

翌月のコラムも書いてしまえば・・・と思いますが、それをやると永遠にきりがなくなるので、翌月家族の予定などで時間がどうしても取れないということが無い限りあえて翌月のものまで手を出しません。
明日できることは今日やらない!

しかし、その余裕時間の時、こういったブログを書いたり、情報収集のために読書を積極的にしたりできればいいのですが、毎日睡眠がばっちりと体調が良くてもこういったころができないとき、いわばやる気のないときがある。

・・・最近はやる気が出るまであきらめています。

諦めていても、会社には行っているし、家事も多少はやっている。それだけで充分やってるし!
ブログがしばらく書けなくてもいつか書ける日が来るし、来なかったらそれはそれで書かなくてOK

いつか書ける日が来る的なことは前にも思っていたけど、「来なかったらそれはそれで書かなくてOK」は最近思えるようになったかな(笑)

無理矢理でもやったほうが得と奮い立たせることより、今はやりたくないの方をちゃんと感じていきたいと思いました。

それから、自分比で生産的でない時間を過ごすことを恐れない。

こないだは宝塚スカイステージ無料放送で1日ほとんどぼーっと見ていた。
そうして、宙組の銀英伝で、まぁさまの魅力を知った。

そんな日もあります。
551511_900523056660922_1056240247563217877_n

1511530_900522979994263_922894604365482227_n

以前発売された成城石井本が面白かったので、期待大だった上阪徹さんの1冊。
シリーズ化希望です!!

これを読んで選べる状況の時はローソンに行くことは確実に増えました。きっと同じようになっている人は多いはず。

アイスラテはコンビニで買って職場で飲むことが多いのですが、ローソンだと作ってもらえるので楽、そして、1番おいしいと思います。

ローソンで販売されているアツアツのおでんの人気メニューである大根は、その大部分がローソンファーム鳥取で作られている。大山山脈の広大な畑で育った大根は、収穫されると一時間以内に工場へ運ばれる(中略)パックの中で味がしみてやわらかくなり、七割程度の味がつくという。
これ読んだら冬はローソンで大根買うしかない!今から楽しみ!

そして、ローソンがマチのホットステーションからマチの健康ステーションになっていたとはいつのまに。
低糖質ブランパンや食物繊維入りそば、アレルギー対応ケーキまであるなんて、コンビニといえば便利が一番に来て、健康は二の次にされているんじゃないかというイメージは見事にひっくり返りました。

ローソン凄いよローソン。そしてこのローソンの凄さをとても面白い読み物にしている上阪さんがすごい。
そんなわけで、ローソンに行くのが数倍楽しくなるこの本が超おすすめ!







↑このページのトップヘ