働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2015年05月

s-IMG_6274
最近食べた料理の中で、「ここは全力でお勧めしたいというところを挙げよ」と言われたら
真っ先に言いたい場所がここ。京鼎樓ジンディンロウと読みます。

入り口がなかなかわからなくて建物の周りをぐるぐる。恵比寿、都会だ!ラビリンス。

場所が家から遠いわと思っていたのは、料理を食べたとたん吹っ飛んだ。連れて行ってもらったのにすみません。
ジューシーな汁があふれる小龍包。エビもおいしい。

最高の食事でした。

先日、2年ぶりに筑波山行ってきました。
s-IMG_6259
↑こちら、ケーブルカー降りたところの御幸ヶ原から、男体山を見たところ

ふもとの筑波山神社では、ガマの油売りの口上がやってました。
s-IMG_6258

長男がじっと見る。好きなのね。時々笑いありで、とっても面白かった。

s-IMG_6260
筑波山神社をとおって、ケーブルカーに乗り、御幸ヶ原へ。

前回は男体山山頂に登ったので、今回は女体山山頂を目指しました。
男体山の方が道中険しく、女体山のほうが距離はあるけどややなだらか。
3歳だった次男を連れてよく男体山を登れたものだと感じます。

それでも女体山山頂部分は景色はいいけど立っているのは一部怖い感じで、
次男がちょっとガクブルしていました。 

筑波山に登った後は温泉

s-IMG_6262
前回も入ったつくば湯

Webページや御幸ヶ原にあるお店で割引券があります。
こちらの露天風呂から女体山山頂が見えるのです。先ほど登ったところをながめてお湯に浸かるの最高。
いいお湯でした。 



南部名物のつっつけ

「三戸地方南部に古くから伝わる郷土料理に「かっけ(つつけ)鍋」という鍋物があります。
三戸地方は盆地で夏暑く冬寒い土地柄で米や野菜はもちろんですが果物の生産がさかんな地域でもあります。そんな自然が多く残るこの地の冬の寒さは非常に厳しく昔から汁物や鍋物が多く食べられてきました。

その鍋物の中でも独特の鍋物で今でも一般家庭で多く作られているのが「かっけ(つつけ)鍋」です。かっけ麺を野菜や豆腐中心の水炊きに一緒に入れて煮立て、汁は入れずに箸でとって好みの付けダレに直接つけて食します。一般に多い付けダレはにんにくをすりおろして味噌とあえたものです。」

山形製麺所の生かっけ(つつけ)のページより

このつつけをにんにく味噌で食べながら、日本酒がうまいのです。



こちら、五戸の酒 花想い 八戸酒類株式会社

青森の酒というと寒い地方というのもあって、濃厚な酒、ゆっくり飲みたい酒が多いけど、
こちらは驚くぐらいさっぱり。さっぱり好きな人にお勧めです。



宮城県塩釜の浦霞、こちらも飲みやすくおいしゅうございました。



読みやすくわかりやすいダイエット本
食事手帳の見本もついていて、記録が習慣づけられる人には大いに役に立ちます。

おデブの悪しき習慣もいきなり根性論で止めるのではなく、
食べるのが大好きな方は禁止するとつらくなっていずれドカ食いするのが目に見えていますから
ということで、代替案が豊富
はまりやすい性格を利用して、意識的に青菜と海藻を食べるとか
ご褒美は甘いものでなく、きれいな女の子になれるアイテムで


こういうのご褒美にいいですね

また、シャーベットアイスが止まらない人の原因が珈琲ばかりの水分不足にあったり
夜中にドカ食いするのが夕飯の安易な炭水化物抜きが原因とつきとめたり

なるほど!というダイエットの知識もたくさん身につきました。
あとは実行かな(汗


 

那須で今回初めて食べて大当たりの昼食
もう、次回からリピート大決定。どの料理もおいしい。

アジアンオールドバザールメコンレストラン

11203218_880355392011022_5351186477654904826_n

チョイ辛いフォーに生春巻きがいい感じでした。
生春巻きは備え付けのタレよりニョクラムを付けた方が好みの味

11183453_880355638677664_8101266856474408909_n
こちら、那須山に登れソーダ

18:00までなので、昼食か早めの夕食といったところですね。

11149523_879212058792022_5547083317401956582_n
ちなみに、長男はここでどうしても剣が欲しい!と言って、購入後、素振りに余念がなく・・・

11229541_880226628690565_4132548979193815978_n

2日後このようなことになりました。

↑このページのトップヘ