働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2014年11月

引越しして8か月ぐらいたった11月も最終日。ついに本棚がついたー

 
 マンガゾーンはこちら


 
宇宙兄弟を読み直しておりますが、やっぱりこの漫画いい!
人と人のやりとりが温かくてよいっ。


 
宇宙兄弟(1)
小山宙哉
講談社
2012-09-28

 
--------------------------------------------------
【お知らせ】

登録をよろしく!→follow us in feedly

s-IMG_5395

「この本はすごい!」と人にかなり強く強引に薦められて読んだのですが
本当にすごかった。熱く勧めてくれてありがとう。
相手の言動によって本気で腹が立った時には、相手が「権力争い」を挑んできているのだと考えてください。
相手が闘いを挑んできたら、そしてそれが権力争いだと察知したら、いち早く争いから降りる。相手のアクションに対してリアクションを返さない。
誰の課題かを見分ける方法はシンプルです。「その選択によってもたらされる結末を最終的に引き受けるのは誰か?」を考えてください。
普通であることとは、無能なのではありません。わざわざ自らの優越性を誇示する必要などないのです。
もう、心に響いた部分を抜き出して、それでこの記事が終わりそうな勢いぐらい響く言葉があります。

相手の腹が立つ言動→権力争いというのを知ってから「はいはい権力争い権力争い」と心でつぶやくことで冷静になれることも増えました。 

今を生きる、今を生きないことが人生最大の嘘とまで書かれています。
それでは目標設定型のように何かを成し遂げるということはできない生き方なのだろうか?と思ったら、それについては、ダンスを踊っていたら(今を生きる) どこかしらたどり着くということにすごくホッとしたのです。

目の前のことやっていたら、こんなとこたどり着いちゃった。

目標設定や何かを目指すというのが苦手な私としては、気が付いたらこんなところにでいきたいと考えております。







嫌われる勇気
岸見 一郎
ダイヤモンド社
2013-12-16


--------------------------------------------------
【お知らせ】

よかったら登録を!→follow us in feedly 

長男、自転車のベルが壊れたということで

s-IMG_5411
自転車屋さんで新しいベルを付けてもらいました。

このようにいくつものベルがあるのですが

s-IMG_5409
 
決め手は

音なんだ・・・。

自分だったら、デザインとか大きさで決めるので、音で決めるというのにちょっと驚いたり。

人それぞれですなあ。
 

次男の七五三

これをやってよかったなと、ここを適当にやって失敗した・・・のそれぞれがありました。



【成功

長男のスーツレンタル

冠婚葬祭・入園入学、2人ともスーツと靴をずっと購入してきましたが
もう、レンタルでいいのでは?と今回ネットでのレンタルショップを利用

使用日の3日前に届きました。返却も近くのコンビニから送ればOK。
メールの連絡もきちんとしていて、ストレスフリーでした。
実は靴のサイズの指定を当初間違えていたのですが、確認メールで画像もあったので
すぐ訂正でき、訂正後の返信も迅速。

もう間違いなく、次男の入学と長男の卒業の服のレンタルはここにお願いするでしょう。

使ったお店 ノリーズ

【失敗

写真撮影

安易に神社近くのショッピングモール内の写真スタジオにお願いしたのですが
七五三のシーズンということもあり、時間も遅れ
混み合うショッピングモールと和服の暑さに次男が限界を迎え、
順番が着たときには「(着崩れた)服を直さない!写真撮らない!」の大荒れ

これはお店がどうのというより、私の選択ミスです。

今後(次は次男の入学)は自宅近くの混まない写真スタジオを選んだ方がいいなと反省
--------------------------------------------------
【お知らせ】

登録をよろしく!→follow us in feedly

s-IMG_5455

福山扱いした男性は、あなたを綾瀬はるかのように扱ってくれる
菊乃さんの名言きました。
「誰にでも親切にしよう」という言葉より、この表現がわかりやすく、ぐっときますね。

私は愛される価値があると心の底から信じられるようになったら、モテ期がやってきて男友達や同僚からも大切に扱ってもらえるようになったという菊乃さん。仕事もおもしろいようにうまくいったとのことです。

しかし、「愛される価値がある」と自分で心から信じられるようになるというのが、人間なかなか難しいところ。なんせ感情や思いは勝手に湧いてくるものですから。
そのために、この本に書かれていることを実行して、行動しましょうとのこと。

その行動もすぐできそうなことから始まっています。
「使わない試供品やメイク用品を捨てる」毎日化粧するより、かなりハードル低いです。

毎日化粧って、していなかった頃があるからわかるのだけど、本当できるようになるまである意味ハードルが高いんですよね。習慣化すると、していなかったのが信じられないとなるのですが。

また、タオルやハンカチなども(1年以上使っているものは捨てる)と、捨てる基準すら最初はわからない場合、「もうこの本に書かれている基準でそのままやればよろし」という状態で、大変ありがたし。

実際、書かれているがままに変えて、新しいものを使ってみると、今までこの状態で着ていたのか!と肌感覚で違いがわかるようになります。

仕事を辞めろとか、いきなり10万以上かかるというような極端なことではない限り、本に書かれていることをただ盲目的にやってみることも大事ではないでしょうか。そして、やってみてどう感じるかは、やってみないことには永遠にわからないことですし。

しかし、捨てて買い替える、背伸びした買い物をするですと、やはり今使える額を見て、同時に節約も考えることが現実。 

その場合どういった節約をすればいいかの基準も菊乃さんはこう示しています。
もしお金持ちならば、やらないような節約はやめよう
お金持ちだとしても、もやし炒めは作るでしょう。安いスーパーにも行きます。
確かに。もやし炒めは、豆腐でもありですわ。

他にも、
覚えるべきは、ワインの産地より歴史上の偉人
「遅くなるなら連絡してほしいな」など、どうして欲しいのか、はっきり男性に伝わる言い方をしましょう。
夫と恋愛中のころ、そして結婚後、そうそう、そうだった!的な話が満載の本でありました。



--------------------------------------------------
【お知らせ】

登録をよろしく!→follow us in feedly

↑このページのトップヘ