働くママの時間術 馬場じむこブログ

事務職&著者である働くママの書評と家事効率化と好きなことのブログです (旧ブログ名 なんでも経理かあさんの読書と育児)

2014年09月

献本・取材・執筆依頼は、メールフォームフェイスブックでご連絡ください
もしくはメールアドレスinfojimuko@gmail.comまでよろしくお願いいたします
【雑誌コラム連載中】2017年4月~現在
近代セールス『共働きの即戦力に! イクメンパパの育て方』
2017-03-21-18-17-19


【CM出演】ピーアーク 2017年CM
2017-04-26-20-39-41

【雑誌掲載】AERA 1/16号「働く夫婦カンケイ」
15894714_1263305077049383_3252233544106921504_n
AERA1/16号
AERA編集部
朝日新聞出版
2017-01-07

【Web】シミルボン 2016年5月~現在 コラム寄稿
【Web】楽しい家事、応援サイト「マイカジスタイル」花王(株)
2016年10月~現在 コラム一覧
【web】2014年12月~2017年5月 パピマミ 執筆コラム一覧
papimami
【web番組】足立人図鑑(学生版) 2017年4月
2017-04-30-19-28-20
【雑誌コラム連載】2015年4月~2017年1月 近代セールス『働くママの日々是笑顔』

【書籍】

働くママの時間術読後レビュー集
2013年 7月 台湾版「働くママ」の時間術 『學會斷捨離,職場媽咪不加班』発売
t02200319_0621090012620920281

[以前の掲載実績]
雑誌掲載実績 新聞・書籍掲載・受賞実績 Web・ラジオ・講演実績 

献本・取材・執筆依頼は、メールフォームフェイスブックでご連絡ください
【雑誌】2016年ecomom 春号 日経BP社 『家族も笑顔になるママの時間管理のコツ』
13516625_1095962507116975_3889939230311747525_n
2015年12月 THE21 2016年1月号 PHP研究所
『達人の手帳術』
1916628_988807104499183_348755710667327686_n

THE21 2016年 01 月号
PHP研究所
2015-12-10

【雑誌】2015年12月 月刊OLマニュアル 2015年12月号 研修出版
『働くママのための目からウロコの時短術』
11225249_980200162026544_5760142749529630354_n

12360151_980200178693209_4759691787800648444_n

【雑誌】2015年9月 近代セールス9.1号『育児休業取得・復帰をスムーズに行うコツ』
s-IMG_6982







【雑誌】2015年6月 プレジデントファミリー2015年夏号『拝見!ワーママの24時間』
10462563_900522976660930_3104370267248414240_n



【雑誌】2015年4月 CHANTO5月号『両立がラクになる7つの習慣』


CHANTO(チャント) 2015年 05 月号 [雑誌]

主婦と生活社 (2015-04-07)

【ムック】2015年3月PHPスペシャルベストセレクション
『いつも素敵な人がやっているためこまない習慣』(PHP研究所)

s-IMG_6133
いつも素敵な人がやっている「ためこまない」習慣

PHP研究所 
売り上げランキング: 17,540



【雑誌】2014年PHP9月増刊号くらしラク~る(PHP研究所)
s-IMG_5387
s-IMG_5388
働く主婦の「仕事のお悩み」解決します『主婦のワザあり仕事術』

【雑誌コラム連載】
月刊 企業実務 2013年1月号~12月号
『働くママから学ぶ 経理・総務のスピード仕事術』連載

 
【雑誌】
2013年8月 無料電子雑誌『月刊はじめに』vol.2  株式会社マイナビ

t02200323_0800117512635745405

情報誌「はあもにい」71号(熊本市男女共生推進室発行)
t02200307_0461064412598964633

bizmom (ビズマム) 2013年 夏秋号
ベネッセコーポレーション
2013-06-13


時間術の対談&手帳術
t02200165_0800060012578723417
 





振り返り会に初挑戦!
t02200293_0800106712324196165


働くママのためのユニークな保育園特集
保育園の上手な活用法 巻頭インタビュー
t02200165_0800060012339608541






「がんばりすぎない」ためのヒント
t02200165_0800060012239454999
 





t02200165_0800060012239454997



t02200293_0800106712239454998

bizmom (ビズマム) 2012年秋号
ベネッセコーポレーション
2012-09-13


t02200293_0720096012203894564



t02200293_0800106712776852474

『働くママのための「自分時間」のつくり方』
研修出版 月刊OLマニュアル 2012年7月号 
 
t02200164_0800059812051517497

bizmom (ビズマム) 2012年 夏号 [雑誌]
ベネッセコーポレーション
2012-06-13


日経WOMAN

2007年8月号「人生を変える最高の本122冊!」

2008年1月号「書く!技術」

2008年4月号「仕事に役立つ必読本125」

献本・取材・執筆依頼は、メールフォームフェイスブックでご連絡ください
【受賞】
足立区 イクメン・イクジイフォトコンテスト2015 優秀賞
12219574_965829830130244_5064339910276154805_n
12227066_965831116796782_1832271825117104369_n
【新聞】
2013年6月19日 産経新聞朝刊 生活面

t02200293_0720096012590187116

2012年7月5日 出版業界紙「新文化」にて著書について掲載

t02200164_0800059812109908181

2012年4月20日 朝日小学生新聞の別刷り「朝日おかあさん新聞」に掲載

t02200164_0800059811938748360
 
毎日新聞広告「勝間和代の日本を変えよう
日本経済新聞 2007年9月3日夕刊 「ニッキィの大疑問」

【書籍】

イメージ通りに仕事が運ぶ ビジネスマンのシナリオノート
川上 徹也
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2010-09-13


 子育てーめんとの会についての話で紹介



参考にしている書評ブロガー&サイトとして紹介(P186)



コラム執筆



最新おすすめブログとして紹介(P222)



オススメ書評ブログとして紹介(P140)



2008年ビジネス書評ブロガーマトリックスに掲載(P276,277)

【ムック】


 
t02200293_0800106712776852474
 

t02200293_0800106712324196165

献本・取材・執筆依頼は、メールフォームフェイスブックでご連絡ください

【TV】
ステキ+Life J:COMチャンネル(ケーブルテレビ)
s-IMG_5442
2014年6月26日 テレビ朝日モーニングバード 【木】じっくり文化部 s-IMG_4816



【Web】
2014年12月 NPO法人フローレンス 働く親のシアワセ哲学

2014年10月 コンパスニュース20
育休後、仕事も育児もバリバリできる! 働くママに学ぶ5つの時間術

日経DUAL 
2014年1月23日 子どものいいところを見つけてくれる担任の先生へ
2014年9月19日他 
現役ワーママ・馬場じむこが伝授!仕事も子育ても自分もうまくいく!「働くママの時間術」

KITASENJU PUBLISHING
 2014年5月19日 北千住パワースポット

2013年11月24日・25日『WooRis

2012年9月7日 ビジネスお役立ちサイト「プラス」に掲載
2012年9月7日 ビジネス選書&サマリーに掲載
2012年7月9日 J-CASTモノウオッチ 掲載
2008年・2010年 ビジネス書評ブロガーマトリックスに掲載 (水野俊哉 さん作)

【ラジオ】
2013年4月16日 ラジオNIKKEI ワーママラジオ!チャンカータイム
放送はこちらからお聞きください(音が出るので注意)

s-IMG_1604

【インターネットラジオ】2015年1月~3月 西新井FM パーソナリティ
10927379_813153508723089_954422378_o

【セミナー・講演実績】
2015年10月 ゆる育児フューチャーセッション
ゲストスピーカー(足立区役所にて開催)
11944392_921406794564426_1763186628_n

 
2012年5月「夫にもご機嫌に家事・育児に参加してもらう『かわいい妻』術」
2012年6月23日(社)カナリヤ保育園 保護者様向け講演「働くママ・パパの自分時間の作り方」
2012年7月21日 スペースU 馬場じむこお話会「親子de鉄カフェ」 

書評を扱うブログということもありまして、多くの著者の皆様、出版関係者の皆様から「献本」の御提案をお受けする機会が増えてまいりました。

基本的に「献本」はとても光栄にお受けしております。
数あるブログの中からお選びいただきまして、誠にありがとうございます。

「献本」に関するポリシーを下記にまとめましたので、それをご参考にしていただけると幸いです。

【書籍のご紹介について】

お送りいただいた本に関しましては必ず拝見させていただいております。
しかし、「献本」頂いたものであっても全てを紹介することはできませんので、
あらかじめご了承ください。

当ブログの紹介している本の傾向や、読者層などもご推察いただきまして、明らかに外れている本でなければ基本的に歓迎しております。

それらを踏まえまして、ご献本いただけるようでしたら
メールフォームフェイスブックメッセージよりご連絡くださいませ。

↑このページのトップヘ