先日は1年ちょっとぶり、今年初めての東京宝塚劇場。そして10年以上ぶりの月組でした。
初めて観たのが月組だったのに、なんやかんやで花や星が中心に。
今回観たのは「All for One」三銃士を元にしたお話。
浪漫活劇というように、わかりやすく時々笑いながら楽しめるお話でした。
2017-09-23-10-57-20
それにしても、よくこの明るくて誠実で包容力ありそうなダルタニアン役が珠城りょうさんにぴったり。私が女子高生であったら、この作品で完全に「きゃー珠様」となっていたに違いないぐらいの、かっこよさ。

プログラムにあった、演出家の小池先生の「珠城りょうに単純明快なヒーローを演じさせたかったからである」という言葉に「よくやった!ブラボー」と心からの拍手を送りたい。
こういう珠城さんが観たかったんだ!そして、とにかく陽で誠実な珠城さんに、剣幸さん時代の月組味を感じたり。

そしてこの作品の見所は何と言っても専科から出演の沙央くらまさん。トリックスターと言われる、モンパンシェ公爵夫人。
コメディのこういう役ってクドく、しつこいとなりがちなのですが、登場するたびに笑いが出てかわいらしさ満載。いい役者さん。次作での退団が惜しいですね。

宝塚歌劇が初めて&とにかく明るい気持ちで作品観たい人にはお勧めでした。